ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 学校教育課 > G Suite For Education の運用について

G Suite For Education の運用について

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年8月24日更新

学校と児童生徒間のコミュニケーションツール「G Suite for Education」の運用開始について

 国のGIGAスクール構想の動きが加速する中、大郷町においても1人1台端末の環境を整備することとなりました。今後、オンライン学習を含めた授業におけるICT活用の一層の推進を図ります。
 本町では、宮城県教育委員会と連携し、学校と児童生徒間のコミュニケ―ションツール「G Suite for Education」を導入することとしました。「G Suite for Education」は、教育機関向けに提供されているサービスで、すでに多くの自治体で導入・運用されています。児童生徒1人1人に学習環境が最適化され、創造性を育む教育ICT環境を構築する上で有効なツールです。日々の学習活動に加え、今後予想される新型コロナウイルス感染症の第二波への備えとして、臨時休業中の学校と家庭を繋ぐツールとしての運用も期待されます。

宮城県教育委員会、宮城県総合教育センターの取組について

宮城県の取組やG Suite for Educationの活用について<外部リンク>掲載がありますので御覧ください。

 学校と児童生徒間のコミュニケーションツール「G Suite for Education」について

 小・中学校におけるオンライン教育の推進

プライバシーとセキュリティに関する内容については、文部科学省「教育情報セキュリィティポリシーに関するガイドライン<外部リンク>」に準拠しております。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


このページを共有する

  • フェイスブック
  • ツイッター