ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 税務課 > 令和元年台風19号による災害被害者に対する町税の減免について

令和元年台風19号による災害被害者に対する町税の減免について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年11月22日更新

被災された皆様へのお知らせ

 減免を受けるには申請が必要ですので、必要書類等を添えて申請してください。

■減免の対象
 令和元年度分の課税額のうち、災害の日以後に納期限が到来するものについて減免します。
■申請期間
 令和2年3月31日(火曜日)まで
■申請先
 大郷町役場税務課
■申請に必要なもの
 申請書(税務課に備え付けてあります。)、印鑑(スタンプ式以外のもの)、り災証明書(総務課から交付を受けてください。)、土地及び償却資産については、損害の程度がわかるものをご用意ください。
  申請書様式ダウンロード(個人町県民税・国民健康保険税固定資産税


1.個人町県民税、国民健康保険税

■減免の内容
 災害により納税義務者が次のような場合、次の割合で減免します。

区  分

減免の割合

死亡したとき

全 部

生活保護法の規定により生活扶助を受けることとなったとき

全 部

地方税法に規定する障害者となったとき  

10分の9

 納税義務者が居住する住宅が損害を受けた程度により、平成30年中の合計所得が1,000万円以下である方に対し、次の割合で減免します。

2.固定

■減免の内容
 所有する固定資産が次のような被害を受けたとき、減免します。

土  地

被害面積が当該土地の10分の2以上であるとき

(宅地、農地が土砂の堆積、流出、陥没などにより著しく価値が減少し、または、土地本来の効用を果たせなくなったとき)

家  屋

一部損壊(準半壊)以上であるとき

償却資産

価格の10分の2以上の価格を減じたとき

 

 

 

 

 

 

 

■減免の割合
 所有する固定資産の損害・被害の程度により、次の割合で減免します。

【土 地】

損害の程度

減免の割合

被害面積が当該土地の面積の10分の8以上

全 部

被害面積が当該土地の面積の10分の6以上10分の8未満

10分の8

被害面積が当該土地の面積の10分の4以上10分の6未満

10分の6

被害面積が当該土地の面積の10分の2以上10分の4未満

10分の4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【家 屋】

損害の程度

減免の割合

半壊以上

10分の8

一部損壊(準半壊)

10分の5

 

 

 

 

 

 

【償却資産】

損害の程度

減免の割合

価格の10分の10の価値を減じたとき(復旧不能)

全 部

価格の10分の6以上の価値を減じたとき

10分の8

価格の10分の4以上10分の6未満の価値を減じたとき

10分の6

価格の10分の2以上10分の4未満の価値を減じたとき

10分の4

 

 

 

 

 

 

 

 

 


このページを共有する

  • フェイスブック
  • ツイッター