ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > メールマガジン > 夏の事故から子どもを守ろう!

夏の事故から子どもを守ろう!

メルマガ 発行日時
防犯メールマガジン 2020年08月01日 10時00分

 

夏の事故から子どもを守ろう!

夏は熱中症患者が増加する季節です。こまめに水分・塩分を補給し、体調が悪くなる前に日陰で休憩するなど、対策を怠らないようにしましょう。
 さて、ニュースや新聞では、子どもの水難事故や、不慮の事故が取り上げられています。そんな悲しい事故が起きないよう、周りの大人が気をつけてあげましょう。
○水の事故は海や川だけじゃありません
 夏に多いのは水の事故ですが、海や川以外にも、公園内の川や監視員のいるプールでおぼれたケースも報告されています。また、自宅の浴室で遊ばせていたらおぼれていたケースもあります。
 水遊びをさせる場合には、必ず保護者がそばにいて、目を離さないようにしましょう。
○花火の事故にもご用心!
 夏の風物詩の「花火」。子どもたちにとっては楽しい遊びの一つですよね。ただ、花火も夢中になり過ぎたり、間違った取り扱いをすると、やけどや火災につながることもあります。花火に書いてある注意事項をよく読んで、火を使うときは保護者が扱うようにしましょう。