ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

人・農地プラン

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年12月11日更新

1.人・農地プランとは

  人・農地プランは、農業・農村の高齢化や後継者不足、耕作放棄地の増加など「人と農地の問題」を解消するため、地域の話し合いによって、今後の中心となる経営体(個人、法人、集落営農)はどこか、中心となる経営体へどうやって農地を集積するかなど、地域の中心となる経営体とそれ以外の農業者を含めた地域農業のあり方などを5年間の計画としてまとめたものです。

2.策定までの経緯

時期内容
平成24年4月19日大郷町区長会議で説明
平成24年5月16日大郷町地域水田農業推進協議会地区推進会議で説明
平成25年3月22日大郷町地域集落営農推進協議会で説明
平成25年5月16日大郷町地域水田農業推進協議会地区推進会議で説明 
随時行政区での個別説明やアンケート調査実施の支援
(羽生高原、鶉崎、土橋、上町、江戸沢、大松沢全体) 
  行政区毎等から町全体のプラン策定に方針転換
平成25年11月1日~15日町内全農業者(農業委員会選挙人名簿登載農業者)に地域農業の将来に関するアンケート調査実施
 回答823戸/1,269戸  回答率65.16%
 ※アンケート結果は下記のとおりです。
平成25年12月11日 大谷東部地区を対象にアンケート結果報告並びに人・プラン説明会を実施 42名参加
平成25年12月12日 大谷西部地区を対象にアンケート結果報告並びに人・プラン説明会を実施 18名参加
平成25年12月16日 粕川地区を対象にアンケート結果報告並びに人・プラン説明会を実施 15名参加
平成25年12月18日 大松沢地区を対象にアンケート結果報告並びに人・プラン説明会を実施 19名参加
平成25年12月20日~平成26年1月6日 アンケート結果に基づく出し手及び受け手の意向調査
 出し手255名 受け手112名(18組織含む)
平成26年1月6日~平成26年2月12日 意向調査結果整理集計
 人・農地プラン(案)の受け手・出し手の内容確認
  広報おおさと2月号に人・農地プラン策定を掲載
平成26年2月26日 人・農地プラン検討会(委員10名)
 構成
 仙台農業改良普及センター・大郷町農業委員会
 大郷町認定農業者連絡協議会・あさひな農業協同組合
 農業生産法人・集落営農組織 
平成26年3月 人・農地プラン策定・公表(町ホームページ掲載) 

3.大郷町「人・農地プラン」の概要    

(1)プラン区域
 大郷町全体

(2)中心となる経営体数
 44経営体(個人30・組織14)

(3)農地の提供等で地域の中心となる経営体と連携する農業者
 29名

(4)平成30年度までに貸付等が予定されている農地
  251筆 約38ha    

(5)今後の取り組み
 人・農地プランは、定期的に見直すことができます。今後、地域の中心となる経営体としてのプラン位置付けを希望される方、新規就農予定の方、農業経営の転換や離農をお考えの方は農政商工課までご相談ください。
大郷町人・農地プラン[PDFファイル/591KB]は、こちらからご覧になれます。          

なお、人・農地プランに関する情報につきましては、下記の農林水産省ホームページをご参照ください。
農林水産省HP 人・農地プラン(地域農業マスタープラン)について<外部リンク>

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


このページを共有する

  • フェイスブック
  • ツイッター